top
  

幻の首都高跡

首都高内環状線跡

東長崎機関homeを見てこの計画を知りました。
自分も絶対C1とは別の江戸橋・箱崎JCTをスルーするルートが必要と思っていましたが、当初から計画はあったんですね。
ルートは、C2中野坂上JCT−5号線飯田橋JCT−1号線岩本町JCT−7号線両国JCT
今から神田川の上に首都高作るわけにもいかないので無理でしょう。

画像は幻の飯田橋JCTです。
5号線の橋脚には内環状線を下に通すためのダブルデッキ構造が既に準備されていました。
2004年4月24日yuuki撮影

岩本JCT跡も

JR総武線が首都高1号線をオーバーパスする際に南側を見ていると岩本JCT跡が見えます。
非常駐車帯より広いスペースがあります。
神田川の上を進む計画だった内環状線に江戸橋JCT方面から出入り出来る構造です。

JCT跡も

小松川線上りの分岐は錦糸町料金所を過ぎたオービスのところです。
小松川線下り合流は上りより両国寄りで、Nシステムのところです。


C2の上野線分岐準備

荒川土手上を走るC2は扇橋−千住新橋間で内回りと外回りに高低差が出来ます。
そう、1号上野線が分岐するJCT準備なのです。
この区間も今更作ると金かかるんだろうね。
昔TVでS1川口線と1号上野線の間で乗り継ぎ割り引き券の発行を求める話もあったなあ。
本来、東北自動車道へのルートは1号線を通るルートだったのです。


外環道三鷹ジャンクション?

手元には1970年頃発行の国際地学協会発行クリスタル東京都区分地図が今もあります。
それぞれの区や市ごとに4ページずつ載っている地図帳です。
これには中央道予定線に見たこともないインターチェンジが載っています。
高井戸ICと調布IC予定地間、現在の吉祥寺通りの真上、北野3丁目にです。
逆に新川4丁目の三鷹料金所は在りません。(この地図では初台−調布間は未開通)
三鷹のインターのような図は東八道路(三鷹台団地南口)と20号(千川町2丁目)に接続道路が延びていてインターにも見えますが、調布ICの図より巨大です!

これはインターではなく外環道のジャンクションなのでしょうか?
よく見ると点線が東北へ伸びています。
吉祥寺駅と西荻窪駅の間を北へ進み、西武新宿線上石神井駅の西端を進み(上石神井通りと重なっている)ます。
それはやがて当時の東大泉町で西に2本手の生えた場所に出ます。現在の大泉Jct/ICです。
点線には「外環状2号予定線」とあります。しかし、関越道の点線は出ていません。
外環の大泉から南側は現在も出来ていませんが地図に載っている位話が進んでいたのでしょうか?関越より早く?
と、言うよりこの本、都営三田線西高島平から西側も書かれていて「東武接続工事中」と表記があったり夢が在りすぎ!
逆に江戸川区なんかは京葉道しかなくてC2は書かれていません。首都高湾岸線は「100m道路予定線」と海の中に書いてあります!
先に出ている「中環状」計画はこの地図には出ていません、既にあきらめられていたのでしょうか?

もうちょっと詳しい会社にあった別の地図、これだとインターではなく外環道交差のジャンクションだとはっきりわかりますね。
1980年2月発行 国際地学協会 ユニオン東京区分地図
三鷹市 1/27,000 地図より
このロードマップでは既に関越道練馬ICが開通していますが大泉Jct/ICについては何も出ていません。
関越より早く計画されていたんだから現地には何か接続工事の名残があるかも?

東京の環状線計画見ると面白いですよね。環七はほとんど完成しましたがそれ以外はぶつぶつ切れていてこれが環状線の一部なのかと。
昔買った、昭文社のエアリアマップ東京都区分地図24東京都23区全図(1:5万)の裏面「都市計画道路案内図」には沢山道路予定が・・・
外郭環状線も載っていて、多摩川付近まで出ています。昭和57年6月発行版です。

戦災復興計画の放射線計画の新規別線が首都高だった話から考えても色々面白いものですね。


外環道−東名ジャンクション

東名高速の多摩堤通り真上には草むしたインター出入り口っぽいレーンがあります。これが外環道接続準備工事跡でしょう。
2004年12月19日撮影

外環道−東名ジャンクション

世田谷ジャンクション跡の合流部です。
谷の底には東急砧線跡が?
2005年06月11日撮影


外環道−関越ジャンクション本線

外環道の本線は練馬で止まっています。中央道方面はこんな感じで封鎖。
和光まで部分開業の時は川越街道アンダーパスしたところでハーフループで登って地上に出ていました。
2007年04月21日撮影


中央環状線−4号線

4号線の初台インター近くには50cm位の巾でしかありませんがジャンクション用の分岐、合流の出っ張りがあります。
2004年11月04日撮影

4号線ジャンクション現る

4号線−中央環状接続工事。
中央環状は山手通りの地下から出てきて高架の4号線をオーバーパスするらしい。
4号下り線から撮影。
2005年11月27日撮影


中央環状線−3号線

3号線の池尻−渋谷間は上下線に高低差が作られ┣字ジャンクションの構造になっています。

2005年06月11日んごろ氏撮影

大橋ジャンクション・遠心加速カタパルト

画像左側の高架が3号線です。右下は目黒川。

地下の環状線から3号線の高架へはループで稼ぎます。
環境対策で密閉型4層のループです。
加平インターのループとは規模が違います。
国立競技場グラウンドとほぼ同じ大きさ。
真円ではなく、オーバルなので難易度が高そうです。

ここは玉電の車庫の跡です。その後のバス車庫と周辺を利用。

2007年05月20日 ユウキ撮影


幻の首都高速10号晴海線計画地

入船橋付近。
現在、湾岸線から晴海まで作っていますが、ここが接続予定地でした。

さらに、5号線の早稲田出口は10号線計画の下り線の転用です。川越線(関越道)へつながる方の10号。
昭和50年代頃までは分岐準備だけの出っ張りでしたが、後に川沿いに高架を建設し早稲田出口を作りました。

詳しい続きは☆築地川と晴海線☆へ

2005年11月19日 yuuki撮影

  

自動車専用道路/有料道路跡

償還が終わって有料道路が無料になった道路が幾つもあります。
各地に料金所ブースだけ残っていたり、そこだけ少し広かったり。

何かの本に、関西のケーブルカー沿いに自動車専用道路が造られたとか、有馬の有料道路とかがでていましたが、
関東にも昭和初期に大船から鎌倉・江ノ島への有料自動車専用道路が開通しています。

日本初?らしいのですが、何処にあったのでしょう?
なんと湘南モノレールの脇の道路がそうだったのです。
後に京浜急行の有料道路になり現在は無料の市道になっています。
料金所は、深沢駅、龍口寺の上にあったらしいです。

湘南モノレールは初めて乗った時感動しました。ぶら下がっている車体が加速する快感は軌道の鉄道では味わえません。

  

廃高速道路(旧道)

高速道路の廃道

中央道の談合坂S.A.を少し東京方へ走ると旧道が
JH空撮画像

2005年07月19日四国への旅行の帰りに撮影。
この時の旅費(ガス代、高速代)の詳細はこちらの下の方にまとめました。

名神高速、関ヶ原I.C.−山東バス停間にも昭和50年代に付け替えられた旧高速道路跡が残っているそうです。

  

代々木P.A.の謎

代々木P.A.

渋滞の中でこの歩道橋が変だという事に気が付いた。
今までオービスのフィルム交換用の作業用の橋だとばかり思っていました。
が、通路部分は幅1m程で、橋桁の半分の幅しか使っていません。
しかも、前後方向に庇を支えていたような構造の骨組みがあります。
元々は違う用途の物だったのでは?

代々木P.A.は上り線にしかありません。怪しい。下り線より撮影。
2005年11月27日撮影

この場所の下り線は事故が多い。下って曲がって上ってる。2m位下り線だけ嵩上げすれば事故減るはずなのにね。

昭和39年(1964年)4号線代々木初台開通

アジア初の東京オリンピック(1964年10月)のに向けて首都高速道の工事が始まりました。
昭和37年(1962年)12月20日、首都高速1号線京橋−芝浦間4.5kmが開通しました。
1964年08月01日、1号線(日本橋本町−羽田)、4号線(江戸橋−代々木初台)が開通しました。
東海道新幹線、東京モノレールも開通しています。

この「代々木初台」と言うのは?
現在「初台」と「代々木」は別々のランプである上に、間には「新宿」があります。
代々木初台と言うのは初台付近の旧町名らしいから、現在の初台かと思ったが構造が変だ。
「初台」には上りの入り口も下りの出口もありません。これでは江戸橋JCTからの部分開通に出来ません。
「幡ヶ谷」ならば合うのですが。

どっかのスレで「首都高は初台までしか開通しておらず・・・幡ヶ谷−初台の京王新線地下工事は首都高速と同時」のような話が。

良く解らないが、当時は現在の初台より新宿寄りで地上に降りる構造だったのかも?
ならば「初台」「新宿」「代々木」と上り入り口が連続して続いていたはずだが、ランプ(料金所)はそれぞれ別々に設置してあったのだろうか?
代々木に上り本線料金所があったのでは?

3つの入り口には料金所が無く、この「代々木P.A.」に本線料金所があったのなら説明が付く。
初台〜代々木の入り口をまとめたランプが「代々木初台」
だとすればあの作業用の橋は料金所の跡!
念のために昭和49年航空写真を見てみた。どうもこの時はパーキングとしては使われていない状態に見える。
現在もある真ん中の建物と橋だけがあって、パーキングの建物も駐車している車も無い。

代々木本線料金所だったみたいだ。
問い合わせたり、詳しい文献で調べた訳ではないが、自宅にある昭和45年頃の地図で調べてみた。
料金所が本線以外でも道路を跨ぐ絵になっているが区別は付く。
やはり、初台、新宿、代々木には料金所の印は無く、代々木P.A.の場所にある!
ちなみに初台は、山手通りを超した初台の駅前で地上に降りていた。
(京王線は幡代小学校横で地上に出てくる旧線時代)

3号線は渋谷(渋谷駅西のR246と同じレベルになった地点)までの開通で料金所の印は港区区界の間にあるがこれは39年1区間開通時の料金所かな?上りは高樹町です。
5号線は北池袋までの開通で料金所の印は現在の南池袋P.A.の場所である。ここも上り線のみのパーキングだ。東池袋にランプはまだ無い。
6号線は向島までの開通で料金所の印は現在の駒形P.A.の場所である。ここも上り線のみのパーキングだ。駒形は駒形橋と記入されている。

1号上野線は入谷にある。
1号羽田線は現在と同じ平和島。
2号線は現在と同じ白金。
7号線は現在と同じ錦糸町。 P>
代々木本線料金所屋根跡が解体された
2007年夏、建物ごと建て替える代々木PAリニューアル工事で屋根跡が撤去されてしまいました。

南池袋P.A.、駒形P.A.も本線料金所跡だった。

この地図を元に国土交通省のカラー空中写真で確認してみた。
昭和49年、たしかに南池袋P.A.は本線料金所になっています!ブースは5個のようです。北池袋付近はちょうど建設工事の真っ最中です。
面白いのは昭和54年、料金所は廃止になり本線部分は撤去されて屋根の無い道路になったのですが、まだ半分料金所の跡が残っています。
昭和59年では残った屋根はそのままでパーキングになっています。

同じく高樹町も国土交通省のカラー空中写真で確認してみた。
上り入り口共々本線まで料金所の屋根があります。

13号地、大井も本線料金所形式でした。

現在湾岸線になっている東京港トンネルはここだけの部分開通でした。
その為、本線を全部ゲートにした料金所でした。
54年13号地空中写真 西行き本線上に料金所が見えます。有明側は途中で行き止まりです。
大井北埠頭橋からの画像 当時はここ東行き本線上に大井料金所がありました。

同じように、昭和39年開通の3号線は渋谷の高架だけが離れ小島のように開通しています。
おそらく、六本木通りとR246が3号線と同じ高さになる場所があるのでここで一般道になっていたのだと思われます。
現在の渋谷4丁目と道玄坂1丁目のはず。

  

駒形P.A.に残る本線料金所の名残

駒形パーキングに残る屋根

同じく駒形P.A.も国土交通省のカラー空中写真で確認してみた。
昭和49年、昭和54年、本線料金所になっています!ブースは5個のようです。
昭和59年、平成元年、料金所は廃止になりますが、屋根が残ったまま通過出来るようになっています。ブース1つ分は空き地状態。2つは駒形入口に。
昭和57年3月堀切JCT開通まで本線料金所があったと思われます。

なんと、駒形P.A.は今も料金所のゲートが残っています。1つが、駒形入口用、そして1つがパーキング通過用、真ん中が共用です。むちゃくちゃだ。
駅銘板のようなのがあっていいね。停めてあるのが愛車ポルシェ944S2CS

2005年12月03日 yuuki撮影

料金所先の本線合流方向を見る。
普通の合流と違って、元々本線料金所兼用だったせいか余裕があり、ガードレールで成型しています。
そのガードレールの中に元料金所ブースだったと思わしき小屋が置いてありました。
パーキングのトイレ側には地上方向への階段があります(封鎖されています)
隣の料金所にも階段はあり、本線料金所の名残でしょう。

全通していない2号線以外で最後まで部分開通の本線料金所タイプだったのがこの6号線です。

2005年12月03日 yuuki撮影

  

3号線一区間だけの部分開通

3号渋谷線は都心環状線の方から順々に開通したのではありません。
渋谷の所だけ、まるで有料橋のように開通したのです。

昭和39年10月渋谷4丁目−渋谷出入口
昭和42年09月谷町JCT−渋谷4丁目
昭和46年12月渋谷出入口−用賀

昭和42年(1967年)に渋谷4丁目から都心環状線までが開通し繋がります。
この時の料金所は高樹町で、高樹町入口と一体になった本線料金所が渋谷から入った車が払う料金所でした。
昭和46年の東名高速への接続開通まで続いたはずです。

渋谷4丁目ランプ跡

青山トンネルの手前が渋谷4丁目交差点です。
このトンネルで両脇の六本木通りとレベルが同じになります。
おそらく、この交差点からトンネルまで当時はスロープがなく、ここに料金所があったのでは?

青山トンネルの先で六本木通りのレベルが高くなって行き首都高は半地下になります。
渋谷2丁目交差点は首都高の上にあります。そして六本木通りのレベルはまた下がって行きます。
そして首都高は高架になり、渋谷駅を跨ぎます。
片持式張出工法によって造られたコンクリート橋だそうです。

2005年12月10日 yuuki撮影

渋谷出入口跡

渋谷駅を橋で渡った首都高は下がって行き、上ってきたR246と一瞬同じレベルになります。
ですがすぐ首都高が上がって行き高架になります。

画像はセルリアンタワー横の歩道橋から都心環状線(渋谷駅)方向を撮影したものです。
セルリアンタワー横の歩道ってTV版電車男の合コン後のシーンロケ地だったんですね。
この一瞬レベルが同じになる地点が渋谷出入口跡です。
昭和46年の用賀開通までここが出入り口だった訳です。

2005年12月10日 yuuki撮影

  

首都高速の歴史

江戸から東京に変わり、やがて大通りには市電が走るようになりました。
関東大震災を契機に復興計画により、街路が幾つか整備されました{昭和通りや大正通り(靖国・京葉通り)}。
そして第二次大戦による空襲。運河は瓦礫の捨て場として埋め立てられました。
経済成長と共に都心には自動車が溢れ出しました。

江戸城外堀等の運河の上に東京高速道路と言う店舗が完成しました。
現在でも一等地と言う事もあり家賃収入で上の道路費用をまかなえる不思議な存在です。

首都高速道路公団の誕生

昭和32年、建設省が「東京都市計画都市高速道路に関する基本方針」を定めました。 前後して、東京都市計画地方審議会で「首都高速道路計画案」が策定されました。
この計画案は、都心部から外周へ向かう八本の放射線道路と都心部をまわる一本の環状線道路で構成され、 他の道路とはすべて立体交差する完全な自動車専用道路網を整備する日本初の本格的都市高速道路網計画であった。

この計画案を実現させるため、首都高速道路公団法が制定され、昭和34年公団が設立されました。

日本道路公団が施工していた銀座大崎線(現在の2号線)の工事なども承け継ぎ、環状6号線(明治通り)と都心を結ぶ路線から着手しました。
1号線、2号線、4号線の一部から土地買収、工事が開始されました。

東京オリンピック開催と4号線

昭和34年5月、第十八回オリンピックが東京で開催される事が決定しました。
これに合わせ、オリンピック関係路線建設が優先される事になりました。
特に「羽田空港」「都心」「外苑のオリンピック本会場」「代々木の選手村」「NHK放送センター」を結ぶ4号線及び同分岐線が最重要路線となりました。

工事では、既にある都市に専用道路を建設するため、運河を埋め立てた跡や運河や川の上を利用して作られました。
技術的にも、地下で本線合流する三宅坂JCTの排煙設備や、日本橋川の流れを妨げない橋桁構造の江戸橋JCTなど苦労してまで都市部に高速道路網を建設しました。

時は移り平成の世になり、東名、中央、東北、常磐、東関の各高速道路が首都高速で連絡されるために都心部を通過する車両で路線は延びても渋滞は悪化してゆきました。
ついに、都心を迂回する日本道路公団の「外郭環状」が埼玉県区間で一部開通しました。そして、本州の高速道路が全て連絡するようになりました。

平成17年(2005年)、道路公団は民営化されました。

参考資料「東京百年史 第六巻 昭和47年発行 東京都」「NHK プロジェクトX」など。

四ツ木−葛西 首都高速工事 yuuki撮影

C2工事現場は、特撮「宇宙刑事 ギャバン」1982年(昭57年)のロケ地です。
第15話「幻?影?魔空都市」−−− C2葛西JCT付近です。

地図で見る開通年表

昭和59年前に開通した路線は高架橋の橋桁の色がピンク色が多く、その後灰色が多く採用されているようです。

日本道路公団「外環ユーザーガイド」1999年版に加筆

昭和37年38年昭和39年昭和41年42年昭和43年44年〜昭和46年〜昭和52年〜昭和55年(1980年)〜昭和59年

開通の歴史(年表)

開通年月日号線別開通区間(旧町名)延長(km)
昭和37年12月20日宝町−海岸34.5
昭和38年12月21日日本橋本町2−宝町1.9
同上海岸3−勝島6.4
同上4号分岐大手町2−日本橋小網町0.4
昭和39年08月02日汐留インター0.4
同上勝島−羽田空港13.8
同上銀座8−東新橋0.4
同上大手町2−初台19.0
同上4号分岐大手町2−日本橋小網町0.6
昭和39年09月21日隼町−霞が関1.4
同上三宅坂インター0.3
昭和39年10月01日浜崎橋インター0.2
同上海岸1−芝公園1.4
同上渋谷4−大和田町1.3

開通年月日(コメント)号線別開通区間延長(km)
昭和41年07月02日新富インター0.4
同上銀座10.1
昭和41年12月21日羽田空港1−羽田旭町0.8
昭和42年03月30日竹橋インター0.4
同上竹平町−西神田21.2
昭和42年07月04日(C1形成)芝公園−東麻布30.9
同上2号分岐麻布十番2−六本木31.3
同上霞が関−六本木31.3
昭和42年09月02日2号分岐谷町インター0.03
同上六本木3−大和田町2.9
昭和42年09月30日麻布十番2−戸越15.9
同上2号分岐麻布十番20.2
昭和43年07月19日横浜羽田空港線神奈川通5−浅田46.8
昭和43年11月28日横浜羽田空港線浅田4−羽田旭町6.9
昭和44年05月31日北上野−日本橋本町3.5

開通年月日号線別ランプ
昭和44年06月西神田−護国寺
昭和44年12月護国寺−北池袋
昭和46年03月江戸橋JCT−向島

開通年月日号線別ランプコメント
昭和46年03月21日江戸橋JCT−谷河内京葉道接続
昭和46年12月21日渋谷−用賀東名接続
昭和48年02月15日
八重洲線開通
昭和51年05月18日高井戸インター中央道と接続
昭和51年08月12日13号地−大井東京港トンネル開通
昭和53年01月20日新木場−浦安千葉県初
昭和55年02月箱崎JCT−辰巳JCT5.3
昭和57年04月27日浦安−高谷東関道接続
昭和60年01月24日小菅JCT−三郷JCT常磐道接続
昭和62年09月09日C2四つ木−葛西JCT
昭和62年09月09日S1千住新橋−川口JCT東北道接続
平成05年08月26日11
レインボーブリッジ開通
平成05年10月26日高島平−美女木外環道接続
平成06年12月21日空港中央−大黒JCT
平成09年12月18日浮島JCT東京湾アクアライン接続
平成14年12月25日C2板橋JCT−江北JCT

「東京百年史 第六巻 昭和47年発行 東京都」P.936 年表、首都高速道路株式会社HPより


top